環境への取り組み

nagomi - NATULURE 社会への想いと行動

nagomi - NATULURE 社会への想いと行動

◆環境への想い

nagomi‐NATULUREの製品は地球からもらった恵みそのもの

「本物の自然持つ"恵みの力"をお届けしたい。」これが私たちの作る全ての製品に込めた想いです。

 

昔、昔、いつの頃にさかのぼるのでしょう。

私たち人間は自然の中に生きていました。

そして、いつの間にか、文明の発達とともに自然から距離をとり生活する中で本物の自然の持つ力を忘れてしまった私たち…。

お茶や、ハーブティー、はちみつなどは、世界各国で病気の治癒や症状の緩和をする「薬」として私たち人類を支えていました。

nagomi‐NATULUREの作る製品は人工的な物では持っていない自然の恵み、自然の力を皆様のお手元に、より環境にやさしい形でお届けしたいと考えています。

◆環境へのこだわり

私たちは化石燃料の消費を極力抑え、環境を守ることに力を尽くします。

また、使用原料は極力再生可能なものを選び、社会への想い環境への想いを実現します。

  • パッケージに使われているインクはできる限り大豆から作られた環境負荷の少ないsoy ink(大豆インク)を使用しています。

    化石燃料である石油原料を使用せず、循環型の大豆を原料としていることから地球温暖化防止にも貢献する環境にやさしい原料です。

  • ハーブティーやお茶などのテトラバッグ(ティーバッグ)にはトウモロコシから作られた生分解性の素材を使用しています。

    そのまま土に埋めても微生物により分解可能なことから環境にやさしい素材です。茶がらの入ったままのティーバッグをどうぞ家庭菜園などに活用してください。微生物の働きで分解されたティーバッグは糖に分解され、植物の栄養となって行きます。有機栽培の茶葉も植物の健康な育成にきっと役に立つことでしょう。

  • 無色透明なガラス瓶を使用しています。

    ハチミツなどに使用している瓶の素材はガラスとしても再利用しやすい無色透明瓶です。色のついた瓶では素材としての再利用がしにくく用途が限られてくるためです。無色透明のガラスは素材としての用途も広いことから環境にやさしい素材です。

  • 茶葉製造段階でのリサイクルに取り組んでいます。

    製造工程の中でどうしても出てしまうのが、こわれて細かい粉になってしまった茶葉たち。本来だと廃棄されるこの廃棄茶葉たちも立派な有機飼料や有機肥料に生まれ変わります。捨ててしまえば廃棄物ですが、活用すればりっぱな減量なのです。

  • 世界の子供支援をしています。

    子供地球基金を通じて世界の子供達を応援しています。

    人類の未来のために、地球環境だけではなく、世界の子供たちを支援しています。

     

    私たちは、子供地球基金のデザインを商品に採用することで、

    未来の子どもたちをみんなで支える社会づくりのメッセージとして伝えていきたいと考えています。

     

    ※子供地球基金は、『KIDS HELPING KIDS』をテーマに1988年以来、世界中の子どもたちから寄せられる絵を企業カレンダーやカード、絵本などの商品として販売しています。

    その収益金を病気や戦争、災害などで心に傷を負った世界中の子どもたちのために画材や絵本、衣料品の寄付、アートを用いた心のケアなど物心両面からの救助活動を行っています。私たちの小さな行動が子どもたちを笑顔にする活動の助けになります。